お友だち紹介特典😆お友達にセッション半額クーポン!あなたには何でも20%OFFクーポン配布!✨公式LINEにて✨

謝らない子どもに無理やり謝らせる事の無意味さよ・・

うちの3歳が撮ったオモチャ。壊したのはこれではありません。

謝らない子ども

以前、うちの子(3歳)が、いとこが大切にしているものを壊してしまったとき、

謝らなかったんです。

 

「ごめんなさい、しない!!」の一点張り。

それで私は、「ごめんなさい」しなさい!ムキーと怒ってしまったんです。

結果的にはごめんなさいしたのですが、そのあとに泣いて言われたのが

 

「ごめんなさいしたのに、なんでまだ(私が)怒ってるのー!大泣き

なんで、ごめんなさいしたのに、喜んでくれないのー!!大泣き

 

でした。

ずっきーーーん。。。と心が痛みました。

無理やりごめんなさいさせることの意味のなさよ。。。

私のために、子どもは謝ったのですね。

 

謝って欲しかったのは、相手ではなく私

これを、3歳に見破られていたな、と思います。

結果としては、謝りに行ったときに相手も「謝って欲しい」と言ってくれたので、良かった?のですが、

一番謝って欲しかったのは、相手より、何より、母である私だったんです。

私が謝って欲しがっていたから、子どもは謝りに行った。

だから、「謝ったのに、喜んでくれない!!」と泣いたのですね。

 

謝りたいかどうかさえ、子どもに聞く

悪いことしたら、謝るのが当たり前!!

という価値観。

いや、当たり前なのですがね。

”悪いこと”とは。ということろです。

 

そしてここで言いたいのは、

謝るかどうするか、子どもに決めさせれば良かったなぁと。

そう強く思ったわけです。

 

大切なものを壊されたら、相手は悲しいんだよ、などなど説明したのですが、

その上で、うちの子は「謝らない」を選択していたんです。不安ガーン

 

まぁ、だから私は怒ったわけですが・・・
うちの子の場合、たぶん、自分がやられても悲しくなかったんだと思いますえーん
相手の気持ちがわからなかった。のです。

そして、私が先に謝ったり怒っていたのも原因のひとつですね。。。

 

私が怒るから「謝りに行く」と選択し直したのです。赤ちゃん泣き

 

いかん。これはいかん。

ずれている。

 

  

私に怒られるからじゃない。
悪いことをしたから謝るのではない。

今回の場合は、

相手を悲しませたことや、相手の気持ちに寄り添うための

「ごめんなさい」

なのだ。

私が怒るから謝りに行く!のでは、
バレなきゃOK!がでてきてしまう・・・

まだ3歳。されど3歳。もうすぐ4歳。

 

「謝らない」という選択を尊重し、経験すれば良かったんだ。

相手を悲しませて、謝らないとどうなるか。

貴重な経験を奪ってしまったなぁと。

今しかできない経験。

 

失敗という経験は、幼いころにしておいたほうがダメージが少ないだけでなく学びが多いと思っています。

もちろん、相手が誰であるかや、状況により、
すぐに親も謝ったほうがいい場合もありますよね。
あと、子どもの年齢もかなり関係ありますよね。

が、今回の私のように、安心できる状況の場合は、経験させればよかったな、と思うわけです。

本当は

本当の理想は、

まず私が謝ったり怒ったりしない事。
なぜそれをしたのか、理由をしっかり聞くこと。
その上で、説明ができたらよかったなぁ・・・

  

私としては、今回のように、子の経験を奪わないようにだけは、したいものです。

子供のこと
ポチっとシェアうれしいです!
フォローしてね😆公式LINEはこちら!
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Nagitomuu
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました